岡山県高体連は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月行われる予定だった主催大会の中止を決めた。ソフトテニスやソフトボール、剣道など22競技の中国大会県予選や春季大会が対象となる。

 この日、加盟する38の競技専門部に決定を伝える文書を送付した。競技によっては各専門部と協議し5月以降への延期も検討する。

 県教委が3月30日、県立高校に県内外での合宿や対外試合を当面行わないよう通知。中止はこれを受けた措置で、5月末まで宿泊を伴う大会の開催も見合わせる。

 一方、多くの競技で今夏の全国高校総体(インターハイ)予選を兼...    
<記事全文を読む>