全国高校駅伝に13年連続出場し、2017、18年に準優勝した女子の長野東高の監督に、4月から同校に赴任した横打史雄氏(42)が就いた。同校を強豪校に育て上げた玉城良二氏(58)が3月末で退職。その後任となる新監督は「重責をいただいた。覚悟を持って取り組みたい」と新天地で決意している。

 愛知県出身。信州大に進学し、4年時には17年ぶりの出場を果たした全日本大学駅伝で1区を走った。卒業後は長野県に残り、中学校講師などを経て、05年から阿南高、上伊那農高、岡谷東高で陸上部の顧問を務めた。上伊那農高では、市民ランナーながら全国トップを目指す桃沢大祐(サン工業)らを指導し...    
<記事全文を読む>