昨年12月の全国中学校女子駅伝(滋賀県)で県勢史上最高タイの2位になった七尾中の3選手が鵬学園高に進学する。いずれも区間トップ10に入った精鋭は「地元から一緒に全国へ」と誓い合い、強豪校の誘いを全て断った。入学前ながら、学校側は陸上部に駅伝チームを発足させることを決定。能登の里山で健脚を磨いた3人娘は大きな期待を受け、都大路を駆け抜ける伝統の全国高校駅伝を目指す。

 全中駅伝は、優勝した六ツ美北(愛知)に25秒差で2位だった。1区4位の垣田愛さん、3区6位の新野(あらの)莉璃さん、5区10位の示野悠奈さんの3年生トリオに加え、垣田さんの妹奏さん(2年)が2区6位、4区の津田...    
<記事全文を読む>