磐田市見付の磐田東高で二日、卒業式があり、同校女子サッカー部で、ともに三年のMF小島知佳子(ちかこ)選手(18)とFW金子明香里(あかり)選手(18)が「進路は分かれるが、一生懸命にプレーして、県内の女子サッカーを盛り上げよう」と誓い合った。

 高校三年間は、うれしさと悔しさが入り交じったものだった。二年の時は、全日本高校女子サッカー選手権大会に出場できた。三年では、同選手権県大会準決勝で、その後、全国制覇した藤枝順心に延長戦の末0-1で敗れ、二大会連続の全国出場はならなかった。

 小島選手はチャレンジリーグの静岡SSUアスレジーナ(旧静岡産業大磐田ボニータ)へ...    
<記事全文を読む>