日本福祉大付属高校のサッカー部が来季から、県内トップリーグにあたる「愛知県一部リーグ」に参戦する。県内のリーグに参加してから五年でのスピード昇格。十チームしか入れない一部リーグに昇格を決めた強さの秘訣(ひけつ)は何なのか、部員らに聞いて探った。

 

 高校のサッカー部などが参加できるリーグは県内では各地区のリーグと四部リーグから一部リーグまでの五段階。サッカー部は以前からあったが、人数も十人に満たない時期もあり、知多地区リーグに参加できない年もあった。

 ところが、Jリーグでプロサッカー選手としての経験を持つ鵜飼建吾さんが二〇一四年に顧問になってから、サッカー部は...    
<記事全文を読む>