全国総体や国体、選抜大会などの大舞台で活躍した県内の高校生アスリートたちが巣立ちの春を迎えた。2023年の国民スポーツ大会[SAGA2023」をはじめ、次のステージでの飛躍を目指して進学、就職後も競技を続ける選手たちを紹介する。(古川浩司、田原一郎、松岡蒼大、草野杏実)

■柔道

昨年8月10日に鹿児島県で開かれた全国高校総体の柔道男子個人。3階級あった決勝で、佐賀県勢は60キロ級の近藤隼斗(有田中-佐賀工高)と66キロ級の田中龍馬(昭栄中-佐賀商高)が立て続けに日本一に輝き、会場をどよめかせた。

 近藤は武雄市、田中は佐賀市と生まれ育った場所は違えど...    
<記事全文を読む>