新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、兵庫県内の学校が3月から臨時休校の措置を取る中、高校の部活動が対応に苦慮している。休校中は練習や試合も休止となり、日常的な活動ができない。3月中旬から予定された全国高校選抜大会も各競技で中止が相次ぎ、高校スポーツ界に波紋が広がっている。

 県教育委員会体育保健課は学校休業時の部活動について「国からの要請通り自粛を求める」との方針を示す。校内での練習や他校との対外試合のほか、外部施設の利用も「認められないだろう」とする。県高校体育連盟も各競技専門部に対し、練習試合を含む部活動の自粛を呼び掛けている。

 柔道は全国高校選抜大会...    
<記事全文を読む>