四日市商業高校女子ハンドボール部3年の南川満帆は関西学生リーグ1部の同志社大(京都)に進学する。大学4年間の目標は「日本一」。「自分が学んできたこと、経験を生かして今までで一番いい結果を出せるようにしたい」と気合いを入れる。

左利きと175センチの恵まれた体格を生かした得点力の持ち主。相手の上から打つロングシュートが最大の魅力だ。国体県少年女子チームの得点源としても活躍し、高2の福井国体優勝、高3の茨城国体ベスト4に貢献した。

ハンドボールを始めたのが菰野中入学後と遅いが、早くから頭角を現して、中3から次世代の日本代表を育成する日本ハンドボール協会主催のNTSセン...    
<記事全文を読む>