スキーの全国高校総体(インターハイ)第2日は4日、新潟県妙高市の赤倉観光リゾートスキー場ほかでアルペン競技などを行い、男子大回転(2回)の君島王羅(きみしまおーら)(足大付)は合計1分59秒11の6位で表彰台を逃した。

 前回6位の君島は1回目に58秒49で5位につけたが、2回目は軟らかい雪質に苦戦。ターンで膨らんで1分0秒62とタイムを落とした。中島憲伸(なかじまけんしん)(同)は合計2分1秒62で16位だった。

 クロスカントリー男子10キロフリーの山下蒼生(やましたあおい)(大田原)は34分55秒5で146位。

 大会第3日は5日、同会場ほかで...    
<記事全文を読む>