青森県内で開かれている第75回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会「氷都新時代!八戸国体」は1日、八戸市のYSアリーナ八戸でスピードスケートの少年男子1500メートル決勝が行われ、桜井俊太朗(山形中央高3年)が1分50秒71の大会新で連覇を果たした。

 桜井はスピードに乗った滑りで最後のコーナーを抜けてトップに立ち、競り合いを制して2年連続となる栄冠をつかんだ。

...    
<記事全文を読む>