バスケットボールの兵庫県高校新人大会最終日は3日、三田市の親和学園駒ケ谷体育館であり、女子決勝は神戸龍谷が102-78で市尼崎に快勝し、4年ぶり4度目の頂点に立った。

 

 女子の神戸龍谷が久々に兵庫王座に戻ってきた。2016年秋の全国高校選抜優勝大会(現全国高校選手権)県予選以来の快挙に、榊原コーチは「うれしいということと…これまで負けさせてきた卒業生にも同じ思いをさせてあげたかった」と胸の内を語った。

...    
<記事全文を読む>