(15日)

 (第3日・川口青木町公園陸上競技場)

 準決勝を実施し、昌平と西武台がそれぞれ勝って、16日の決勝(13時・同陸上競技場)に駒を進めた。決勝進出は昌平が2年連続5度目、西武台が2年ぶり11度目。両校の決勝対決は、昨秋の全国高校選手権埼玉大会に続いて2大会連続で、新人大会では初。

 5年ぶりの栄冠を目指す西武台は正智深谷に1―0で競り勝った。前半24分に村田がオーバーヘッドを決め、この1点が決勝点となった。2連覇を掲げる昌平は、28年ぶりの決勝進出を狙った武蔵越生に5―0で圧勝。前半に小見の先制ゴールなどで3点を挙げると、後半にも2点を加...    
<記事全文を読む>