サッカーの県高校新人大会は8日、昌平高校などで昨秋の第98回全国高校選手権埼玉大会のベスト8と、東西南北各地区予選の上位2校の計16校が参加して開幕。決勝は16日に川口青木町公園陸上競技場で行われる(13時)。主役に躍り出るのはどのチームか。新たなシーズンの行方を占う今大会を展望した。

 優勝争いで不動の軸となるのが、今冬の全国高校選手権ベスト8で今季からプリンスリーグ関東に昇格した昌平だ。対抗は同埼玉大会準優勝の西武台。同4強の聖望学園のほか、同8強の正智深谷、進境著しい細田学園なども実力を備える。

 大会2連覇を掲げる昌平は中盤と前線に前チームの主力が残る強...    
<記事全文を読む>