サッカーの兵庫県高校新人大会最終日の2日、男女の決勝が兵庫県洲本市のアスパ五色であり、男子は神戸弘陵が蒼開に4-0で大勝し、2年ぶり8度目の優勝を飾った。女子は日ノ本が3-0で播磨を完封し、15年連続16度目の頂点に立った。

 神戸弘陵は前半5分、松野のゴールで先制。後半は小倉が左足で直接FKを決めるなど3点を追加した。

 日ノ本は開始4分で篠田が先取点。2点リードの後半22分には山田がこの日2点目を奪った。

■大会優秀選手

 【男子】木谷亮太、田中魁人、松野隼輝、徳弘匠(以上神戸弘陵)李聖輝、河野聖亜、大村元哉(以上蒼開)出口昴貴、木原...    
<記事全文を読む>