兵庫県高校新人大会(神戸新聞社後援)サッカー男子第5日は1日、洲本市のアスパ五色で準決勝があり、神戸弘陵と蒼開が決勝進出を決めた。今冬の全国高校選手権16強の神戸弘陵が2連覇を目指した芦屋学園を4-2で退けた。蒼開は市西宮に3-0で快勝し、初の決勝に名乗りを上げた。

 大会第3日の女子は神戸弘陵高グラウンドで準決勝が行われ、15連覇を狙う日ノ本が県西宮に8-0で大勝。播磨は神戸弘陵に1-0で競り勝ち、それぞれ決勝に駒を進めた。

 男女の最終日は2日、ともにアスパ五色で決勝が行われる。

...    
<記事全文を読む>