ラグビーの近畿高校大会最終日は23日、京都市の宝が池球技場で決勝と第5代表決定戦などがあり、関学(兵庫)は常翔学園(大阪)に21-22で惜敗し、全国高校選抜大会出場を逃した。

 あと1勝、それも、わずか1点。関学は白熱したシーソーゲームの末に2年連続の全国行きを逃した。「ナイスゲームではなく、勝ちきるゲームをしないと」。試合後、平生主将の言葉に悔しさがにじんだ。

  ...    
<記事全文を読む>