ラグビーの関東高校新人大会は23日、前橋市の敷島公園サッカー・ラグビー場で決勝などが行われ、1月の全国高校大会で初の単独優勝を果たした桐蔭学園が48─0で国学院栃木を下し、4年連続11度目の栄冠に輝いた。

桐蔭は前半15分にプロップ田中諒太(2年)が先制トライを決めるなど10─0で折り返し、攻撃のテンポが上がった後半もロック青木恵斗(同)の2トライなどでリードを広げた。

 桐蔭は3月24日に埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で開幕する全国選抜大会に出場し、史上初の4連覇を目指す。

...    
<記事全文を読む>