1月の全国高校ラグビー大会で初の単独優勝を果たし、「西高東低」の構図を打ち破った桐蔭学園が新たな一歩を踏み出した。2日の県新人戦で19連覇を成し遂げ、新主将のナンバー8佐藤は「自分たちの代が全国優勝したわけではない。ミスばかりで心の隙もあった。もう一度チームをまとめ上げたい」と決意をあらためた。

...    
<記事全文を読む>