準決勝などを行い、昌平と川越東がそれぞれ勝って決勝に駒を進めた。決勝進出は昌平が2年ぶり、川越東は3年ぶりでともに初優勝が懸かる。また両校は関東高校新人大会(15、16、22、23日・栃木、群馬)の出場権を手にした。昌平は2年ぶり4度目、川越東は3年ぶり2度目。

 昌平は、前後半に1トライずつ奪うなど17―5で前回王者で今冬の全国高校大会16強の浦和に競り勝った。川越東は、前半に3トライを決めるなど正智深谷に29―5と寄せ付けなかった。

 最終日は8日、熊谷ラグビー場Bグラウンドで決勝(14時30分)を行い、優勝校が全国高校選抜大会(3月25~31日・熊谷ラグビ...    
<記事全文を読む>