県高校新人スポーツは25日、県武道館ほかで剣道、ラグビーなどを行い、剣道団体は男子の小山が6年ぶり、女子の作新が3年ぶりの優勝。ラグビーは国学栃木が25年連続27度目の栄冠を手にした。

 小山と佐野日大の顔合わせとなった剣道男子団体決勝は、副将戦まで全て引き分けという大接戦。小山は大将戦で宇賀神直也(うがじんなおや)がドウを決め、勝負を決めた。女子の作新は文星女との決勝で先鋒(せんぽう)の長島礼奈(ながしまれいな)、副将の福田(ふくだ)愛音(あのん)がそれぞれメン2本を決め、2-1で競り勝った。

 ラグビーの国学栃木は84-0で佐野日大に圧勝。前半6分に序盤から...    
<記事全文を読む>