全国高校スケート、アイスホッケー選手権は24日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルなどで競技を行い、県勢はスピードスケートの女子1000メートルで、1年生の真野(しんの)美咲(山形中央)が初優勝した。  女子3000メートルは福田琴音(同)が準優勝し、連覇を狙った小坂凛(同)は3位。1000メートルでは男子の桜井俊太朗(同)、2年連続制覇を目指した女子の高橋侑花(同)がそれぞれ5位だった。  25日は男女の1500メートルと男子1万メートルが行われる。 【ヒロイン】冷静レース、唯一1分20秒台  全国の舞台で新星が躍動した。女子1000メートルで頂点に駆け上がった1年生の真野美咲(山...    
<記事全文を読む>