全国高校総体(インターハイ)第69回スケート・アイスホッケー競技選手権大会第3日は24日、北海道帯広市の帯広の森第2アイスアリーナほかで行われ、アイスホッケー2回戦で日光明峰は水戸啓明(茨城)に1-5で敗れ、8強入りを逃した。

 日光明峰は第1ピリオド49秒にFW高木智太(たかぎもとひろ)が先制点を決めたが、パワープレー中の13分26秒に同点に追い付かれ、その5分後に勝ち越しを許した。第2ピリオドも11分51秒、13分53秒と立て続けに失点。逆転を狙った第3ピリオドも得点を奪えず、終盤には逆に5点目を失った。

 フィギュアスケートはショートプログラムが行われ、男...    
<記事全文を読む>