柔道の岐阜県高校新人大会兼第42回全国高校選手権県予選は19日、大垣市武道館で開幕し、男女の団体を行った。男子は中京学院大中京が2年ぶり13度目、女子は美濃加茂が2年連続2度目の優勝を果たし、ともに全国切符をつかんだ。

 勝ち抜き戦方式で行われた男子の中京学院大中京は、危なげなく勝ち上がると、決勝は8年連続で大垣日大と対戦。先鋒、次鋒が引き分け、中堅が敗れたが、1年の副将入来巨助が3人抜きし、優勝を決めた。

 対戦方式の女子の美濃加茂は、準決勝で大垣日大に2-1で競り勝った。初優勝を狙う飛騨高山との決勝は、3人全員が一本勝ちで快勝し、連覇を果たした。

<記事全文を読む>