スキーの南・北北海道高校選手権第3日は15日、名寄市なよろ健康の森コースほか) 距離とアルペンを行った。距離は名寄市なよろ健康の森コースでクラシカルの男子10キロと女子5キロを行い、北大会男子は戸松秀斗(旭北)が28分48秒5で初優勝した。女子は栃谷和(のどか)(おといねっぷ)が16分55秒7で2年ぶり2度目の優勝。南大会男子は森口翔太(恵庭南)が初めて制し、女子は出場者がいなかった。

 アルペンは十勝管内上士幌町のぬかびら源泉郷スキー場で男女回転を行い、南大会男子は片山龍馬(北照)が合計1分26秒04で初優勝し、前日の大回転と合わせて2冠を達成。女子は宮崎純奈(札第一)が...    
<記事全文を読む>