第75回国民体育大会冬季大会の県予選などを兼ねた県総合スキー大会は13日、山形市のクラレ蔵王シャンツェ(蔵王ジャンプ台)でジャンプと複合、上山市の坊平高原クロスカントリー競技場で距離の男女リレーが行われた。

 ジャンプは2014年以来の出場となった鈴木康哲(置環)が110.0点で県選手権を制した。国体県予選の少年は高橋剛流(米沢工高)が優勝。複合は島貫寛基(置環)が県選手権を制覇した。

 県選手権の距離リレーは男女とも新庄北が頂点に立った。

37歳の実力者、大舞台見据え闘志
【スポット】県選手権のジャンプは37歳の鈴木康...    
<記事全文を読む>