柔道の全国高校柔道選手権県予選が11日、前橋市のALSOKぐんま武道館で開幕、男女個人10階級を行い、男子無差別級は君田浩気(前橋商)、女子48キロ級は城代鈴佳(勢多農)が優勝した。本年度は各階級とも代表2人で、優勝者と出場決定戦勝者が3月にALSOKぐんまアリーナで開かれる全国選手権に出場する。12日は男女団体戦を行う。

◎粘り強く耐え 初のタイトル
 ゴールデンスコアに突入し、既に6分が経過していた。女子48キロ級決勝は城代と小林美結(前橋育英)の荒い呼吸音が響き、流れ落ちる汗で額に髪が張り付いた。150センチに満たない城代は上背のある小林に力で押さ...    
<記事全文を読む>