ハンドボールの全国高校選抜大会岡山県予選は11日、総社市のきびじアリーナで男女の決勝などがあり、女子は天城が37年ぶり4度目の優勝を飾った。男子は理大付が3年ぶり4度目の栄冠をつかんだ。

 男女の1、2位は中国予選(2月7~9日・山口県周南市ほか)に進み、ともに3枠の本大会出場権を争う。3~5位は中国高校新人大会(同)に臨む。

 【男子】5位決定戦 天城20―18東岡山工▽3位決定戦 倉敷商16―10青陵

 ▽決勝 理大付32―29総社

 【女子】5位決定戦 倉敷中央15―5古城池▽3位決定戦 倉敷...    
<記事全文を読む>