高校女子ソフトボールの強豪校が全国から集結する第40回栄光杯兼下奥旗争奪ソフトボール大会(同実行委主催)が3日、富士市の富士川緑地公園で開幕した。16都府県の31チームが5日までリーグ戦、トーナメント戦を戦う。3月の全国高校選抜大会の出場校10校も参戦。新人戦以降の新チームの出来上がりを試す場として同大会の前哨戦に位置付けられる。
 埼玉栄や厚木商業などの名門校に加え、県内からは浜松市立、常葉大菊川、掛川東、飛龍、三島北、桐陽、城南静岡、日大三島の8校が出場した。3日は10グループでリーグ戦を行った。トーナメント戦は4日に始まり、5日に準決勝、決勝が行われる。
 初...    
<記事全文を読む>