第72回全日本バレーボール高校選手権最終日は12日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の決勝があった。県勢女子の東九州龍谷は古川学園(宮城)に3―0で勝ち、8年ぶり7度目の優勝を決めた。
 東九州龍谷は第1セットから、粘り強いレシーブを軸にエース室岡莉乃(2年)、佐村真唯(1年)らが着実に決め、古川学園を最後まで寄せつけなかった。
 閉会式で東九州龍谷の選手に優勝メダルが贈られ、女子MVPに室岡、優秀選手に室岡と荒木彩花主将(3年)、ベストリベロに吉田鈴奈(同)が選ばれた。
 本年度は高校総体8強、茨城国体準優勝と着実に階段を上り、最後の大会で悲願...    
<記事全文を読む>