第2日は6日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで2回戦が行われた。佐賀県勢は女子の鳥栖商が京都橘に0-2で敗れた。

 鳥栖商は第1セット、5-5から7連続失点を許す苦しい展開。樋口慶らの得点で追いすがったが、16-25で落とした。第2セットは松尾愛美のスパイクなどで中盤まで食らいついたが、終盤の連続失点が響いた。

 女子は前回4強の八王子実践(東京)が高校総体覇者の就実(岡山)を2―0で破り、3回戦に進んだ。3連覇を狙う金蘭会(大阪)、2大会連続準優勝の東九州龍谷(大分)も勝ち上がった。

 男子は高校総体優勝の松本国際(長野)が大分南にストレ...    
<記事全文を読む>