バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)第2日は6日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで2回戦が行われ、神奈川代表の男子・慶応は徳島科学技術に2―1で競り勝ってベスト16進出を決めた。

 橘は男子が松阪工(三重)に2―0で快勝。女子は東九州龍谷(大分)に0―2で敗れた。

 大会第3日は7日、同プラザで男女の3回戦と準々決勝が行われ、慶応は3回戦で西原(沖縄)と、橘は大村工(長崎)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>