◆全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)1回戦 誠修2‐1高松商(5日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ

 2大会ぶりに出場した女子の誠修は、逆転で初戦を突破した。主力に1年生が多く、高野監督は「伸び伸びやれると思ったら硬かった」と振り返る。

 第1セットこそ落としたものの、第2セット以降を連取。1年生セッターの大石は「最初は天井の高さや光の具合をつかめず、自分のせいで負けたらという不安もあった。次からは思い切ってプレーしたい」と語った。

...    
<記事全文を読む>