バレーボールの第72回全日本高校選手権は5日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して1回戦が行われ、男子で5年連続33度目出場の岡山東商は西原(沖縄)と対戦し、粘り強い相手に攻守でリズムに乗れず、0―2で敗れた。崇徳(広島)は埼玉栄に1―2で競り負けた。

 男子で3大会ぶりの優勝を狙う駿台学園(東京)は佐賀学園に2―0で勝った。前々回覇者の鎮西(熊本)は天理(奈良)を2―0で退けた。

 女子は九州文化学園(長崎)が土浦日大(茨城)にストレート勝ち。大阪国際滝井は敬愛学園(千葉)を2―1で下した。インターハイ優勝の就実(岡山)は6日...    
<記事全文を読む>