第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)が5日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。県勢は1回戦で男子の雄物川が松阪工(三重)、女子の秋田北は長岡商(新潟)とそれぞれ対戦する。

 25年連続25度目出場の雄物川は、黒澤優臣(3年)と菊池健介(2年)を中心に拾ってつなぐバレーを目指す。1年生サウスポーの石塚蓮が、思い切って強打を打ち続けられるかも注目される。

 秋田北は2年連続4度目の挑戦。178センチのエース野中瑠衣主将(3年)を軸に攻め、セッター小西愛和(同)が多彩なトスワークで揺さぶる。レシーブで粘っていかにつなげるかが鍵を握る...    
<記事全文を読む>