第72回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)は5日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕し、12日までの延べ5日間、都道府県の代表男女各52校(北海道、神奈川、大阪は2校、東京は3校)が頂点を目指してしのぎを削る。

 県勢は男子の足大付(2年ぶり39度目)が5日午後4時45分から不来方(こずかた)(岩手)と1回戦を戦う。女子の国学栃木(33年連続34度目)は2回戦から登場し、6日同4時50分から延岡学園(宮崎)-奈良文化(奈良)の勝者と対戦する。全国の強豪に挑む県勢の戦いを展望する。

■レシーブ強化、粘り生む 男子・足大付

 1、2年生が主力...    
<記事全文を読む>