第25回全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市の平和記念公園前を発着する7区間48キロで行われる。5年ぶりの入賞を狙う兵庫は各世代の全国大会で実績を残した個性派ランナーがそろった。最後に頂点に立ったのは2013年。過去3年間は12位、17位、16位にとどまるだけに、優勝5度を誇る兵庫の意地を示したい。(金山成美)

■主将は延藤

 ふるさと選手としてエントリーした28歳の延藤潤(マツダ)は2010年以来の選出。三木高3年だった当時、4区で9人抜きを演じ、兵庫の優勝に大きく貢献した。東洋大を経て実業団で実力を磨き、昨年の全日本実業団対抗駅伝では3区で15人抜き。今...    
<記事全文を読む>