県高校新人駅伝大会が11日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬周辺コースで開かれ、女子(5区間、15.32キロ)は常磐が51分14秒の大会新記録で3年連続13度目の頂点に立った。男子(6区間、30.64キロ)は農大二が1時間31分44秒の大会タイ記録で4年連続15度目の優勝を飾った。農大二の1区石田洸介と5区塩原匠が区間新記録を樹立した。

◎常磐が大会新で13度目頂点
 女子3連覇の常磐は、大会記録を21秒書き換えた。翌日の全国都道府県対抗女子駅伝に出場するエース星野輝麗るるを欠いた中での好記録にも、選手の笑顔は控えめ。5人の目標タイムを積み上げた50分17...    
<記事全文を読む>