九州・沖縄のスポーツ界で顕著な業績を残した個人や団体をたたえる第65回西日本スポーツ賞(共催・テレビ西日本、協賛・富士通)の贈呈式が26日、福岡市・天神の天神スカイホールであり、2団体、2個人に表彰状などが贈られた。

 3度目の受賞となった福岡第一高男子バスケットボール部のダブル主将の1人、小川麻斗主将(3年)が、もう1人のキャプテンで25日にBリーグデビューを飾った河村勇輝主将(同)から刺激を受けた。

 昨年は夏の全国総体と12月の全国選手権(ウインターカップ)で2冠を達成。その原動力となった司令塔の河村主将は今春東海大に進学するが、25日のBリーグ1部(B1...    
<記事全文を読む>