第47回県高校新人選抜バスケットボール七尾大会第1日(11日・七尾市中島体育館=北國新聞社後援)1回戦で熱戦が展開され、女子で昨年末の全国高校選手権で2年連続ベスト8入りした津幡、男子で2年連続4度目の優勝を狙う北陸学院が圧倒的な強さを見せ、白星スタートを切った。
 男子で北陸学院、金沢、星稜、金市工、女子で津幡、鵬学園、航空石川、金沢西が4強入りした。
 昨秋の県高校新人大会(本社後援)で準々決勝に進んだ男女各8校が出場した。第51回北信越高校新人選手権の予選を兼ねている。
 最終日の12日は男女の準決勝、決勝、北信越代表シード順位決定戦が行われ、決勝は...    
<記事全文を読む>