青森県は23日、全国高校サッカー選手権で準優勝した青森山田高サッカー部に対し、県褒賞を授与した。
 同部は今大会、2年連続で決勝に進出したが、静岡県代表の静岡学園に2―3で敗れ、2年連続3度目の優勝はならなかった。
 この日は選手13人と黒田剛監督、花田惇校長が県庁を訪問。J1浦和レッズの練習に参加しているため、出席できなかった武田英寿主将に代わり、浦川流輝亜副主将が三村申吾知事から褒状を受け取った。
 黒田監督は「来年は“王座奪還”を目指す。ゴールドのトロフィーを持って報告に来れるよう頑張っていきたい」、浦川副主将が「選手権決勝で...    
<記事全文を読む>