全国高校サッカー選手権大会で、ベスト4入りを果たした矢板中央高校サッカー部のメンバーらが20日、矢板市役所を訪問し、大会結果を報告した。

 ベスト4は2年ぶり3度目。前回はベスト8だった。主将を務めた長江皓亮(こうすけ)選手(3年)は、好守を続けながら静岡学園に惜敗した準決勝を振り返り「何度シュートを打たれても、壁を作ってゴールを隠そうと守っていた」と報告。「大学でもサッカーを続ける。この悔しさを生かしたい」と抱負を語った。

 高橋健二監督は「大会までの成績から今回は厳しいと言われていたが、諦めない守備を貫いて勝ち進んだ選手たちに感動した」と戦績を評価した。 <記事全文を読む>