第98回全国高校サッカー選手権大会で3位に輝いた矢板中央高サッカー部が20日、県庁を訪れて北村一郎(きたむらいちろう)副知事に成績を報告した。

 同校は3年連続(10度目)で出場し、大分(大分)と大手前高松(香川)に続き、鵬(おおとり)学園(石川)を下して3年連続で8強進出。準々決勝で四日市中央工(三重)を撃破して2年ぶりにベスト4入りし、同校初、県勢としては55年ぶりの決勝進出を目指したが、準決勝で優勝した静岡学園(静岡)に0-1で惜しくも敗れた。

...    
<記事全文を読む>