サッカーの静岡県高校新人大会は18日開幕する。昨年の全国高校選手権県大会の決勝トーナメントに進出した16校に、東、中、西部の各地区大会を勝ち抜いた48校(各地区16校ずつ)を加えた計64校がトーナメントで争う。決勝は2月2日午後1時半から、藤枝総合運動公園サッカー場で行う。同日は午前10時半から女子決勝も行われる。
 昨年度まで32校によるトーナメントだったが、本年度は出場校を倍増した。県サッカー協会2種委員会が取り組む高校年代の強化プロジェクトの一環で、他地域のチームと対戦する機会を増やすのが狙い。
 注目は全国選手権で24大会ぶりに優勝した静岡学園の戦いぶり。F...    
<記事全文を読む>