第98回全国高校サッカー選手権で24大会ぶり2度目の優勝を果たした静岡学園高の選手が14日、静岡市役所で日本一を報告した。
 13日の決勝ではパブリックビューイングが行われた静岡市役所1階。報告会の1時間以上前から市民らが集まり、静岡学園イレブンが到着すると約500人が「おめでとう」「よくやった」と歓声で迎えた。川口修監督は「皆様の熱い声援、本当にありがとうございました」と感謝。米国出張中の田辺信宏市長は「サッカー王国に新しい歴史を築いてくれたことをうれしく思う」と祝福のメッセージを寄せた。
 決勝で同点ゴールを決めた同市出身の加納大選手(2年)は「サッカー人生の中...    
<記事全文を読む>