静岡学園が許した失点は決勝の2点だけ。チームは県大会優勝後のプリンスリーグ最終節でJFAアカデミー福島に3失点して敗れ、1対1の守備を集中強化して全国大会に臨んだ。主将のDF阿部は「あの試合がなかったら決勝まで無失点で来られなかったかもしれない」と話す。
 青森山田との決勝では2失点した後、全員で「球際を厳しく」という徹底事項に立ち返った。逆転に成功してからおよそ10分、守備陣は前回王者の猛攻に耐えた。「これまで見たことも感じたこともない気迫だった」と2年生GK野知。ゴール前にロングスローを放り込む相手の攻撃をしのぐ度、静学スタンドから大きな歓声が上がった。

...    
<記事全文を読む>