第98回全国高校サッカー選手権は13日、さいたま市の埼玉スタジアムに5万6025人の観衆を集めて決勝が行われ、静岡学園が前回大会覇者の青森山田に3-2で逆転勝ちし、24大会ぶり2度目の優勝を果たした。前回は鹿児島実との両校優勝だったため、単独制覇は初。静岡県勢の優勝も24大会ぶりとなった。
 2点を先行された静岡学園は、前半終了間際にFKのこぼれ球を拾った中谷颯辰のシュートで1点を返した。後半は素早い攻守の切り替えと足元の技術で主導権を握り、16分に加納大のゴールで同点。後半40分にFKから中谷がヘディングで決勝点を奪い、青森山田の反撃を振り切った。
 12日には第...    
<記事全文を読む>