決勝の雰囲気にのみ込まれたか、経験したことのない王者の圧力にひるんだか。前半の静岡学園は、「らしさ」が消えていた。パスミスを連発。ドリブルの切れ味も鈍い。いつになく自陣に押し込まれる時間が長かった。

 ハーフタイム。川口監督のげきが飛んだ。「受け身に回るな」。指揮官の怒りの矛先が向けられたのは、警戒していたセットプレーで失点したことでもPKを与えたことでもなく、パスを受けることを怖がっているように見えた消極的な姿勢だ。「静学のサッカーができなければ意味がない。怖がるな」
 後半、ギアが変わった。青森山田がガス欠気味になったことも一因か。ボールがつながるようになった...    
<記事全文を読む>