玉野光南高時代にサッカーで世界中に知れ渡るスーパーゴールを決めた選手が4月から岡山県警の警察官になる。環太平洋大4年の土居晃貴さん(21)。競技を通じて培ったキャプテンシーと正義感を生かし「人の役に立つ仕事で、地域に恩返ししたい」と新たな一歩を踏み出す。

 一躍脚光を浴びたのは、2015年秋の全国高校選手権県予選決勝だった。作陽高を相手に1―1で突入した延長後半、土居さんはペナルティーエリア外側で味方のパスを胸でトラップしてボールを浮かせると、鋭く反転して右足を振り抜く。シュートは一直線にネットに突き刺さった。

 チームを全国へ導く、このシー...    
<記事全文を読む>