第28回全日本高校女子サッカー選手権は12日、兵庫県のノエビアスタジアム神戸で決勝を行い、本県の藤枝順心が1―0で神村学園(鹿児島)を下し、2大会ぶり4度目の優勝を果たした。後半15分にFW池口響子が決めた先制点を守り抜いた。全国高校総体を含め藤枝順心の全国制覇は最近の5年間で4度目。

 ▽決勝
 藤枝順心 1(0―0 1―0)0 神村学園(鹿児島)
 ▽得点者【藤】池口

 【評】藤枝順心が少ない好機を確実に生かした。
 前半は神村学園の速いプレスに苦しみ、シュートは2本だけ。18分、神村学園のクロスから決定的な...    
<記事全文を読む>