持ち前のスピードで、最後の最後に矢板中央の守備網を突破した。後半ロスタイム、小山の落としに反応したエース松村がペナルティーエリア内に突進。反則を誘ってPKを得ると、自らネットを揺らした。今大会初ゴールが決勝点。「これを外したら負けるぞ、と集中した」。ベンチに駆け寄り雄たけびを上げた。
 >■写真特集 準決勝 静岡学園―矢板中央
 守備的な布陣の矢板中央に複数で圧力をかけられ、チーム最多の6本のシュートを放ったが良い体勢から打たせてもらえなかった。終盤はPK戦も頭にちらついた。「攻める姿勢を貫くことを意識した」と冷静さを保ち、最後に結実させた。
 チームが勝...    
<記事全文を読む>